Mail

Home Menu
もし「共謀罪」が成立したら、私たちはどうなるか【全国民必読】 知らなかったと後悔する前に
2017-04-09
 

IPニュース

Home > IPニュース

もし「共謀罪」が成立したら、私たちはどうなるか【全国民必読】 知らなかったと後悔する前に

2017-04-09

 一般人が対象になるということでは、社会運動への悪影響も論じられているが、より一層広がりのある問題は、各種団体も批判するとおり、表現の自由全般に対する抑圧的効果である。

 表現の自由に関心を持つ比較的若い世代の懸念の1つとして、マンガ・アニメなどのパロディ(いわゆる二次創作)の計画が著作権法違反の罪の共謀罪として摘発の対象にされるのではないかという点がある。

 著作権法違反はおよそテロリズムとは無関係に見えるが、海賊版や模造品が犯罪組織の資金源となりうるという理由で、知的財産権を侵害する他の罪とともに、共謀罪処罰の対象犯罪に含められている。

 

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170407-00051376-gendaibiz-bus_all&p=3