ラクオリア創薬がピラゾロピリジン誘導体に関する中国特許査定を取得
2017-06-30
 

IPニュース

Home > IPニュース

ラクオリア創薬がピラゾロピリジン誘導体に関する中国特許査定を取得

2017-06-30

ラクオリア創薬<4579>がこの日の取引終了後、同社が創出した選択的ナトリウムチャネル遮断薬の物質特許のうちの一つピラゾロピリジン誘導体について、中国で特許査定を取得したと発表した。これにより欧州に続いて中国でも知的財産権が強化されることになる。

 同社が創出した選択的ナトリウムチャネル遮断薬は、テトロドトキシン感受性(TTX-S)ナトリウムチャネルに対して特異的に作用し、複数の疼痛モデル動物において、高い有効性を示すことが確認されている。また、同化合物は心臓で重要な働きをするテトロドトキシン抵抗性(TTX-R)ナトリウムチャネルに対して良好な選択性を示すことから、副作用の少ない画期的新薬として、さまざまな疼痛状態に対する未充足の医療ニーズに応えることが期待されているという。なお、同件による17年12月期業績への影響はないとしている。

出典:https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201706190512