中国、特許で日本抜く=国際出願2位-国連機関
2018-03-22
 

IPニュース

Home > IPニュース

中国、特許で日本抜く=国際出願2位-国連機関

2018-03-22

 国連の専門機関、世界知的所有権機関(WIPO)が21日公表した2017年の特許の国際出願件数によると、中国が日本を抜き、2位に浮上した。首位の米国に迫っており、知的財産権の分野でも中国勢の存在感が増している実態が浮き彫りとなった。
 中国の出願件数は前年比13.4%増の4万8882件。日本は6.6%増の4万8208件と、小差で3位となった。米国は0.1%増の5万6624件だった。
 企業別では、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と中興通訊が1、2位を独占。米インテルが3位、三菱電機が4位となった。

 

出典:https://www.jiji.com/jc/article?k=2018032200515&g=eco