Mail

Home Menu
台湾における特許早期審査プログラム(AEP)について
 

WPTOイベント

Home > WPTOイベント

台湾における特許早期審査プログラム(AEP)について

台湾における特許早期審査プログラム(AEP)について

2017年11月09日、台湾智慧財産局TIPOは発明特許早期審査プログラム(AEP)申請に関する統計を公表した(文末のリンクを参照)。同統計資料によると、2017年1月から10月までの間、日本籍出願人がAEPを利用した件数は約69件であり、その内訳は、事由1(対応する外国出願が外国特許庁の実体審査を経て、登録査定されたもの)に該当する案件が67件、事由2(対応する外国出願が、米国、日本、欧州特許庁の審査意見通知書及びサーチレポートの発給を受けているが、審査結果は出ていないもの)に該当する案件が2件となっている。

同局によると、上述の事由によりAEPを利用した出願案件はいずれも6ヶ月以内に審査結果を得ることが可能である。しかし、実際の審査期間はさらに短く、同統計によれば、上述の事由によりAEPを利用した出願の第1回審査意見通知書発行までの平均期間はわずか71~80日である。

https://www.tipo.gov.tw/ct.asp?xItem=531848&ctNode=7127&mp=1

発明特許早期審査プログラム(AEP)

No.

主張事由(一つ選ぶ)

第1回OA発行

政府料金

01

対応する外国出願が外国特許庁の実体審査を経て、登録査定されたもの

6ヶ月以内

Free

02

対応する外国出願が、米国、日本、欧州特許庁の審査意見通知書及びサーチレポートの発給を受けているが、審査結果は出ていないもの

6ヶ月以内(クレームに差異がない場合);

9ヶ月以内(クレームに差異がある場合)

03

ビジネスの実施上、必要とするもの

9ヶ月以内

NT$4000

04

グリーンエネルギー技術に関するもの