海賊版サイトに広告は「著作権侵害ほう助」、代理店2社に1100万円の賠償命令
2021-12-28
 

IPニュース

Home > IPニュース

海賊版サイトに広告は「著作権侵害ほう助」、代理店2社に1100万円の賠償命令

2021-12-28
自身の漫画を無断で掲載した海賊版サイト「漫画村」(閉鎖)に広告料を支払い著作権の侵害を助長したとして、漫画家の赤松健さんがインターネット広告の代理店2社に対し、計1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。田中孝一裁判長は、著作権侵害のほう助に当たると認定し、請求通り全額を支払うよう命じた。
 
 判決によると、広告代理店「エムエムラボ」(神奈川)と「グローバルネット」(東京)は2017年、広告主から依頼を受け、赤松さんの漫画「魔法先生ネギま!」など2作品が無断で掲載された漫画村に広告を掲載したり、運営者側に広告料を支払ったりした。
 
両社は「広告料を支払う前にすでに漫画が掲載されており、著作権侵害のほう助には当たらない」などと主張したが、判決は「漫画村側にとって広告料はほぼ唯一の資金源で、広告料の支払いは、漫画の無断掲載という著作権侵害をほう助する行為に当たる」と指摘した。
 
情報元:https://www.yomiuri.co.jp/national/20211221-OYT1T50224/
Privacy Statement
Our company is deeply committed to protecting the privacy and personal information of our users. In accordance with our website's privacy policy, we promise to safeguard user personal information from infringement. If you have any questions regarding our privacy policy, please feel free to contact us via email or phone. We are more than happy to assist you.