スターバックスの偽物を販売した企業に懲罰的賠償―中国
2021-05-21
 

IPニュース

Home > IPニュース

スターバックスの偽物を販売した企業に懲罰的賠償―中国

2021-05-21
 中国江蘇省南京市の地元紙、揚子晩報の18日付報道によると、同省無錫市の中級人民法院は13日、商標詐称に関する公益訴訟(社会の共同利益が侵害を受けた場合に、共同利益を守るために法律に規定された特定の機関・団体が裁判所に訴訟を提起すること)で、原告(同省の消費者権益保護委員会)の訴えを支持し、偽物を販売した企業に対し、「懲罰的賠償」として売上額の3倍に当たる2172万元(約3億6834万円)の支払いなどを命じる一審判決を下した。
 
福建省アモイ市で食品の生産・販売を手掛ける双善食品の実質的支配者である陳(チェン)と甄(ジェン)は2017年12月から2019年1月初にかけて、購入したインスタントコーヒーが米コーヒーチェーン大手スターバックスの偽物であることを知りながら、会社名義で、国内18省の取引先50人余に計1万9264点を販売し、724万元(約1億2278万円)を売り上げた。(翻訳・編集/柳川)
 
 
 
出典:
https://www.recordchina.co.jp/b876727-s25-c30-d0192.html
Privacy Statement
Our company is deeply committed to protecting the privacy and personal information of our users. In accordance with our website's privacy policy, we promise to safeguard user personal information from infringement. If you have any questions regarding our privacy policy, please feel free to contact us via email or phone. We are more than happy to assist you.