Mail

Home Menu
任天堂がゲームの海賊版配布サイトに勝訴、2億円超の損害賠償金を勝ち取る
2021-06-02
 

IPニュース

Home > IPニュース

任天堂がゲームの海賊版配布サイトに勝訴、2億円超の損害賠償金を勝ち取る

2021-06-02
 
任天堂がゲームを違法配布する海賊版サイトに対して訴訟を起こしていた件がついに判決を迎え、同社は210万ドル(約2億3000万円)の損害賠償金と、サイトの閉鎖を勝ち取りました。
 
任天堂はゲームのROMデータを違法配布する海賊版配信サイトに対して訴訟を起こすことで、海賊版ゲームを撲滅するための活動を続けています。
 
任天堂は2019年に海賊版配信サイト「RomUniverse」の所有者、および運営者を訴えました。この裁判の略式判決が2021年5月に下り、サイト側に対して総額211万5000ドル(約2億3000万円)の損害賠償金支払いとサイト閉鎖が命じられました。RomUniverseは10年以上運営されており、その中で数千タイトル分の海賊版ROMを、何十万回も配布してきました。
 
任天堂は当初、RomUniverse上で発見された49タイトルに対してそれぞれ9万ドル(約980万円)の賠償金を求めていましたが、裁判官はRomUniverseがすでに閉鎖されており、運営者が失業しているため、1タイトルに対して支払われる損害賠償金は3万5000ドル(約380万円)となりました。さらにこれとは別に、任天堂は29タイトルに対して商標権侵害の賠償金として40万ドル(約4400万円)の支払いを求めており、裁判所はこの支払いを運営者に対して命じています。
 
RomUniverseは任天堂のゲームROMを違法配布していただけでなく、映画や書籍の海賊版も配布していました。
 
重要なのは、運営者が任天堂のゲームの海賊版をホストしていただけでなく、30ドル(約3300円)でユーザーがROMデータに素早くアクセスできるプレミアムアクセス権を販売していたという点です。RomUniverseの運営最後の年には、プレミアムアクセス権により3万ドル(約330万円)から3万6000ドル(約390万円)を稼いだと推計されています。
 
なお、RomUniverseは閉鎖済みで、今後さらなる商標権侵害が行われる危険性がないため、「永久差止命令」は出なかったとのことです。
 
出典:https://gigazine.net/news/20210601-nintendo-wins-pirate-site-operator/